W.W's room

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の味・ラーメンの店 糸末 (中央区) しょうゆ

<<   作成日時 : 2012/08/28 08:57   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

other place 課長は予想通りの戦線離脱。(笑)
stone river 君を引き連れて「糸末」さんです。
某BBSの投稿情報では「復活」の掲示があったとのことで、気になることこの上なし。

「満月」さん跡に8月24日にOPEN!

開店おめでとうございます。



因みに、伝説の「糸末」さんの記憶ですが・・・

私の場合、30年ほど前に遡ることになります。

もちろん、「糸末弐号店」 = 「喜来登」さんは存在しなかった。

そんな「喜来登」さんでいただくことになるのは、相当後になってからのことです。

美味しいけど、味は「糸末」さんには似てないなぁ・・・というのが正直な印象でした。



記憶の中の「糸末」さんを求めて暖簾をくぐります。

カウンター席に座り、「みそ」を頼もうとしたら、stone river 君がボクは「みそ」で・・・と、瞬時に、それじゃあ「しょうゆ」でと言ってしまってる自分がいます。

「ブッキング禁止」というキーワードが摺りこまれているためか・・・Orz・・・

パブロフの犬か?(笑)

後客も続々ですが、聞こえてくる会話は「昔の糸末ってさぁ・・・」、「うん、そうそう」なんですよね〜

皆さん、思い思いの「糸末」を追い求めて来てるんだなと実感します。

待ちの間に「小ライス」サービスとのご案内ですが、流石にstone river 君も断ります。(笑)

10分ほどで出来上がり。

タレ優位のバランスでにんにくがガッツリ効いた、やや酸味のあるスープです。

見た目は真っ黒ですが、ショッパさはない。

出汁の旨みは損なわれることなく生かされてます。

全くフツーに食べやすい札幌ラーメン。

具には葱、玉葱、モヤシ、メンマ、チャーシューなど。

麺は森住製麺製、プリシコの熟成中太縮れです。

悪くない。

・・・・・

stone river 君の「みそ」をいつも以上に味見です。

当然でしょう。(笑)

白味噌主体の甘みが前に出て、にんにく、生姜が効いた味わい。

とりわけ、生姜の効きがハンパない。

「喜来登」さん寄りの仕上がりですが、方向性は一緒でもニュアンスが違うのです。

私的には現時点では「喜来登」さんの方が好みだな〜

創生期の「さんぱち」さんの「みそ」にも似た感じです。

って、それも古い記憶で信憑性があるのかどうか?(笑)

いずれにしても、私的にあの「糸末」さんではないという結論です。

曖昧模糊とした古い記憶に自信があるわけじゃありません。

長い年月かけて、自分で脚色してるかも知れないしね・・・

しかも、時を経て自分の味覚も好みも相当変わってるのは分かってます。(笑)

想い出は追い求めるものでなく、大事にしまっておくのがいいのかもね。

ご馳走様でした。

この後、帰宅して4時間寝られませんでした。

な〜んでか?(笑)

そして、翌朝、体重計に乗ると1日で1.4kg増って・・・(汗)

しょうゆ

画像


画像


みそ

画像


メニュー

画像


画像


画像


札幌市中央区南3条西6丁目9 (狸小路6丁目)
北海道の味・ラーメンの店 糸末
TEL 011-221-1330

□ 営業時間 11:00〜翌1:00 (状況により変更)
□ 定休日 無休
□ 駐車場 なし

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
どうしても気になり古本屋で昔のラーメン本を探してきました。
「糸末」が載っていたのは「極旨ラーメン100」なるイエローペジの増刊号。
ただし1999年1月の発行ですからすでに東映時代のものではないですね。
スープには豚骨以外にある穀物が使われているとのこと。
なんだったのだろう?
味の感想を見て思ったのですが、
オープン後もマイナーチェンジをしているのかも知れませんね。
狛犬
2012/08/28 20:32
狛犬さん、ネット情報を見ても私の記憶と合致する感想を見たことがないのです。ややクセのある豚骨に魚介出汁が効いた、言わば「天鳳」をライトにした感じといえばいいのか…。
「喜来登」とは似ても似つかない、強いて共通点を挙げれば白味噌のコクとまろやかさだったでしょうか?
ん〜よく分かりません。
何年もモヤモヤしています。(笑)
woody
2012/08/28 23:05
狛犬さん、稚拙な文章で申し訳ありません。
創生期の「さんぱち」を思い浮かべたのは今の「糸末」です。
昔の「糸末」ではありません。
昔のイメージは上記の通りです。
woody
2012/08/29 00:11
子供の頃、オカンが真夜中にステーキハウスで(沖縄のステーキハウスは深夜営業)買ってきた
チーズバーガーがとても美味く、大人になってから
「あの味をもう一度・・・」
と、日々夢にまで見てました。

帰省した際、ウキウキで食べてみますと…

「全然美味くねーーーー(・∀・)」
その言葉にオカンが
「なんで昔っからこの味さー」と。

思い出は美化されます。

あ、別に糸末がそうだとは言ってませんけど。
(じゃぁこのコメントはなんだったんだ!?)
グリ〜コ(・∀・)
2012/08/30 17:33
「思い出は美しすぎて」なんて歌ってる方もいましたもんね。そう、魔人さんが好きなあの方です。(笑)

モノホンの伝説と、ぼんやりしたイメージを装飾し膨らませた結果の、まやかしの伝説もあるのは間違いないですよね。
woody
2012/08/30 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の味・ラーメンの店 糸末 (中央区) しょうゆ W.W's room /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる