凡の風 (中央区) 夏の限定メニュー Vol.2 冷たい塩らーめん

何て、残暑が厳しいんざんしょ!
古いダジャレですみません。(笑)
こんな時は、「凡の風」さんの夏の限定メニュー、「冷たい塩」です。
でも、日曜日は激混みだからな~ 
と思いつつも、覚悟を決めて攻めることにします。

やっぱり、駐車場は空いてません。

しばし待った後、店内へ。

うん、予想通り店内も一杯の状況です。

冷房は効かせてるようですが、こんだけ人がいたら効かないよね・・・(笑)

私の5人前にはラーメンブログ界の貴公子、PINYAさんがいらっしゃいます。

今日は一体、何をいただくんでしょうか?

気になるところです。

って、これを書いてる時点で、「赤」だったことは判明してるのですが・・・(笑)

辛さで暑さを征する作戦だったんですね~!

ちょっとづつ列は進み、やっと着席。

座ってからは程なくして出来上がります。

店内に入ってから、ちょうど40分でありつけました。(笑)

どうでしょう?

この盛りつけのセンスのよさ・・・

早速、スープをいただきます。

冷たいメニューだけに、鶏スープと鰹出汁の風味は後から追いかけてくる感じ。

優しく、じんわりと沁みてくる旨さです。

冷たい中で固まらない、琥珀色の油はオリーブオイルでしょうか?

具には葱、カイワレ、ニンジン、温玉、オクラ、細切り昆布、生ハム、レモンなど。

旬の食材であるオクラ、そしてニンジンは彩りに貢献。

熟成生ハムの僅かな塩辛さがいい感じです。

時折感じるのはワサビの風味?

よく考えられてますね~

オクラ、昆布のネバネバパワーは夏バテによさそう・・・多分。

恥ずかしながら、縦にカットされたオクラは始めて見ました。

種の並び方が妙に新鮮だったりする。(笑)

つるつるっとした細ストレート麺ですが、意外と弾力があります。

繊細なスープなので、温玉は温存。

残り1/3ほどになったところで崩し馴染ませていきます。

味わいはマイルドに、そして、啜り心地はぞぞぞっに変化。(笑)

和と洋の味わいがバランスよく融合、見た目にも芸術的な一品に仕上げられてるのは流石の一言です。

カミサンの「白」を味見。

お? 今日のは結構、スパイシーです。

焦がし葱の風味がものすご~く効果的。

旨いですね~

「今日はお孫さんは一緒じゃないんですね。」と店主さん。

「そう、別行動なんです。」

後で聞いたら、娘夫婦と孫は「けせらせら」さんに並んでいたみたい。(笑)

ご馳走様でした。

全く、並びは減ってません。

夏の限定メニュー Vol.2 冷たい塩らーめん

画像


画像


醤油 (白)

画像


券売機

画像


おしながき

画像


画像


ショップカード

画像


画像


駐車場案内

画像


画像


お店の味を自宅でいただける好企画です。屋食ラー麺 凡の風
絶賛販売中です!

画像


札幌市中央区南8条西15丁目1‐1 ブランノワールAMJ815 1F
凡の風 Bon no Kaze
TEL 011-512-2002

□ 営業時間 11:00 - 20:00 (スープなくなり次第終了)
□ 定休日 水曜日 (祝日の場合翌日)
□ 駐車場 7台

過去データ
・ 塩
・ 味噌 赤 (辛口)
・ つけ麺 (塩 南印風)
・ 塩
・ 味噌 赤 (辛口) 大盛り
・ 醤油 (黒)
・ 塩 プラス 九条ねぎ
・ 夏季限定 涼麺 (辛味噌 温たま)
・ 味噌 (赤) プラス 九条ねぎ
・ つけ麺 塩 (南印風) 麺 300g
・ 醤油 (白)
・ 塩
・ 醤油 (黒) 
・ 夏の限定メニュー 葱そば (汁なしまぜ麺)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

OKE
2012年08月20日 22:41
今日みたいな蒸し暑い日にピッタリですね~(^_^)

暑いのでビールがはかどりました(笑)
woody
2012年08月20日 23:15
OKEさん、今日も蒸し暑かったですね~。

「冷たい塩」は流石の一杯でした。

私は現在、焼酎で体が火照って余計に暑いです。(笑)

この記事へのトラックバック