凡の風 (中央区) つけ麺 塩 (南印風) 麺 300g

今日は、娘夫婦は孫を連れてお出かけです。
したがって、行き先はフリー。

先月、「催事出店のためお休み」という情報を知りながら、すっかり抜け落ちていて訪問・・・。

店の入り口の張り紙を見て思い出す・・・という大失態を演じた「凡の風」さんにお邪魔します。(笑)

シャッター狙いでしたが、店から離れた方の駐車場に到着したのは11:02。

店内に入り、券売機で私は「つけ麺 麺300g」、カミサンは「黒」を購入。

食券をお渡しする時に「つけ麺」の麺は「熱いの」でお願いします。

そして見渡すと、カウンター席は満席・・・テーブル席も・・・ってか? (汗)

おっと、奥のテーブル席が空いてました。(ホッ!)

ギリギリセーフ!

こちら側に座るのは初めてで、違ったアングルから見るキッチンスペースが新鮮だったりして・・・。(笑)

3番手のお客さんが食べ終えてお帰りになるころ、出来上がり運ばれてきます。

パセリ、細かく刻まれた玉葱、焦がし葱、香辛料の粒が浮いた琥珀色のスープ。

ほんのりニンニクやスパイスが香り・・・

麺が拾い上げる揚げ葱は風味が心地よく、玉葱はその食感がアクセントになるのです。

スパイシーな鶏魚介・・・コクがあって旨い!

つけダレの中には、他に太めのメンマととろとろのチャーシューが潜んでます。

コリコリ食感の薄味メンマ、そして、バラ肉チャーシューは言わずもがなの美味しさ・・・。

麺の上の味玉も秀逸です。

つるもち食感の麺もいい感じ。

さらっとしたつけダレですが、絡みは全く問題ありません。

熱い麺にしたからでしょうか?

やや、切れやすい気もしますが・・・。

普段、「醤油」しかいただかない、カミサンに味見させます。

「あ、これ、美味しい!・・・」

王道系の「つけ麺」には余り興味を示さないカミサンですが、コレは気に入ったようです。

次回いただくのは、コレで決まりかな?(笑)

麺を堪能する目的で麺300gをチョイスしました。

十分のお腹は満たされ、ライスインはなし。

〆のスープ割りをお願いします。

一度回収され、イタリアンテイストなスープとなって再登場!

ベーコンの風味もよく、グッドジョブ。

もちろん完飲です。

カミサンの「醤油 黒」ですが、醤油の香りがよく、キレよりコクがやや勝るバランス。

こちらも旨い!

ご馳走様でした。

つけ麺 塩 (南印風) 麺 300g

画像


画像


醤油 (黒)

画像


券売機

画像


おしながき

画像


ショップカード

画像


画像


画像


駐車場案内

画像


画像


お店の味を自宅でいただける好企画です。屋食ラー麺 凡の風
絶賛販売中です!

画像


札幌市中央区南8条西15丁目1‐1 ブランノワールAMJ815 1F
凡の風 Bon no Kaze
TEL 011-512-2002

□ 営業時間 11:00 - 20:00 (スープなくなり次第終了)
□ 定休日 水曜日 (祝日の場合翌日)
□ 駐車場 7台

過去データ
・ 塩
・ 味噌 赤 (辛口)
・ つけ麺 (塩 南印風)
・ 塩
・ 味噌 赤 (辛口) 大盛り
・ 醤油 (黒)
・ 塩 プラス 九条ねぎ
・ 夏季限定 涼麺 (辛味噌 温たま)
・ 味噌 (赤) プラス 九条ねぎ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック